ココナッツオイルコーヒーは冷え性改善に効果あり?根拠や体験談をご紹介

ココナッツオイルコーヒーは冷え性改善に効果あり?根拠や体験談をご紹介

ココナッツオイルコーヒーにはダイエットや便秘解消、免疫力向上など多くの効果が期待できますが、今回注目するのは「冷え性改善」についてです。

 

ココナッツオイルコーヒーには体を温める作用があり、冷え性の改善が期待できます

 

ですが、ココナッツは南国で親しまれている食べ物。
「暑い地域で育つココナッツは、体を冷やすのでは?」
と不思議に思いませんか?

 

では、ココナッツオイルコーヒーの冷え性改善の効果について、その根拠を解説し、実際に飲んだ人の体験談をご紹介します!

 


冷え性の原因と予防法について

冷え性の原因と予防法について

ココナッツオイルコーヒーの効果について解説する前に、まずは冷え性の原因と予防法について簡単にお話しします。

 

冷え性の原因には主に以下のようなことが挙げられます。

 

・血液循環の悪化
・甲状腺機能の低下
・自律神経の乱れ
・筋肉量が少ない
・女性ホルモンの乱れ

 

女性は男性よりも筋肉量が少ないため基礎代謝が低く、ホルモンバランスが乱れやすいため、冷え性になりやすいです。
体温が1度下がると、免疫力が約30%も低下してしまうと言われています。
健康維持のためには冷え対策が必要不可欠なのです。

 

冷えを予防するためには、体を内側から温めて血行を良くして代謝を上げること。
体温調整や血液循環に関係している「自律神経」を機能させることも重要です。

 

適度な運動やバランスのよい食事、十分な睡眠など、規則正しい生活をすることで冷え症の原因を予防できますが、なかなか難しいですよね。
ココナッツオイルコーヒーを飲むだけで冷え性を改善、予防することができたら嬉しくないですか?
では、ココナッツオイルコーヒーの効果について解説していきます。


ココナッツオイルコーヒーが冷え性改善に役立つ根拠について

ココナッツオイルコーヒーが冷え性改善に役立つ根拠について

コーヒーとココナッツオイルのどちらにも、冷え性を改善する作用が!
では、どんな作用があるのか、コーヒーとココナッツオイルそれぞれについて、解説していきます!

 

ココナッツオイルは甲状腺機能を改善し、冷え性に役立つ

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸には、甲状腺機能を改善してくれる効果があります。
そして甲状腺ホルモンの分泌が促進されることにより血行が良くなるのです。

 

しかし、精製されたココナッツオイルはトランス脂肪酸が含まれている可能性があるため、バージンココナッツオイルを選ぶようにしましょう。
不飽和脂肪酸の摂取によって甲状腺に異常を引き起こし、冷えや疲労を引き起こす原因になってしまいます。

 

また、中鎖脂肪酸は体に蓄積されにくいオイルです。
脂肪から作られるケトン体を生成する作用があり、脂肪が燃焼されることによって基礎代謝が上がります。
消化吸収のスピードが速く、摂取すると胃腸の働きが活発になることも代謝アップの手助けに。
少量ですがココナッツオイルにはビタミンEが含まれており、毛細血管の血液の流れが改善されることによって代謝を上げる効果があります。

 

コーヒーは「血行促進」を手助けしてくれる

コーヒーに含まれている「カフェイン」には、血行促進の作用があります。
身体の毛細血管が拡張されることにより、血行が促進されて代謝がアップするのです。
ただし、冷たいアイスコーヒーだと体を冷やしてしまうので注意。

 

冷え性の人は、砂糖よりココナッツオイルをコーヒーに入れるのがおすすめ

コーヒーに砂糖を入れる方も多いと思いますが、砂糖には体を冷やす作用があります。
砂糖を摂取して血糖値が急激に上がると、体が血糖値を下げようとした時に体温も同時に下がってしまいます。
そんな理由から、冷え症を改善したい方には、砂糖ではなく「ココナッツオイル」をおすすめしたいのです!


ココナッツオイルコーヒーは飲みすぎると逆効果?

ココナッツオイルコーヒーは飲みすぎると逆効果?

ココナッツオイルコーヒーが冷え性に効くからといって、飲みすぎると逆効果になってしまう可能性が。

 

コーヒーに含まれるカフェインを過剰に摂取すると、

  • ・自律神経のバランスが乱れ、冷えの原因になる
  • ・利尿作用によって、水分を排出しすぎると体の熱が奪われる

 

ことがあるので注意しましょう。

 

自律神経は体温調整や血液循環に関係しています。
これを崩さないようにコーヒーの量を調整してくださいね。
利尿作用による水分不足も、お茶や水なども飲むようにすれば大丈夫です。
カフェインに弱い人は、ミルクや豆乳を加えてみるのもおすすめです

 

また、ココナッツオイルは胃腸を刺激する作用があるため、摂り過ぎると下痢になってしまうかもしれません
ココナッツオイルを初めて試す人は、ティースプーン1杯程度の少量から始めましょう。
体調が良くないときは、少量でも反応が出て逆効果になってしまうこともあるかもしれません。
万が一、飲み過ぎの症状が出た場合は量を減らし、体調を気にしながら飲む量を調整してみてください。

 

詳細は、こちらの記事をご覧ください。

 


ココナッツオイルコーヒーを実際に飲んだ人の体験談をご紹介

ココナッツオイルコーヒーを実際に飲んだ人の体験談をご紹介

ココナッツオイルを2週間継続して摂取すると、冷えが約75%も改善したとの報告があるそうです。
すごい効果ですよね!

 

ですが、できれば試す前に、実際に飲んだ人の声を聞きたいところです。
そこで、安心して飲み始めもらうために、ココナッツオイルコーヒーを飲んだ人の体験談をいくつかご紹介します。

 

 

ココナッツオイルコーヒーを飲み始めてたった3日で効果を実感。体がポカポカして温かい!寝る1時間前にはココナッツオイルを紅茶かココアに入れて飲むと、体が温まってぐっすり眠れる

 

「見た目は脂がたくさん浮いてて、体に悪そうに見えたけど、試しに飲んだら手足が温まって体がぽかぽかする!

 

コーヒーにココナッツオイルを入れると美味しい!飲み始めると、冷えが解消&便通がよくなった。朝に飲むとお腹が温まり、頭も働く気がする

 

ココナッツオイルが体にいいって聞いて、試しに摂取したら身体の芯から温まる感じがする!」

 

コーヒーにココナッツオイルを入れて飲むと、体が温まるし美味しい。ここにシナモンを加えたりしてアレンジも楽しんでいます

 

ついにココナッツオイルは2瓶目。コーヒーにココナッツオイルを入れてバターコーヒー風に。身体も温まるし、なにより美味しい♪

 

などなど、男女問わず「冷え性が解消された!」「体が温まる!」という声がたくさんあります。

 

ダイエット効果も期待できるココナッツオイルコーヒー

さらにココナッツオイルコーヒーにはダイエット効果もあり、
「ココナッツオイルコーヒーを飲み始めるとみるみる体重が減った」という人も。
ココナッツオイルコーヒーで体脂肪を減らし、基礎代謝がアップすると冷え性の予防にもなります

 

ココナッツオイルコーヒーを飲むベストタイミングは朝
身体も温まるし、一日の始まりにおすすめの飲み物です。

 

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてくださいね。


まとめ

まとめ

冷え性の原因と予防法について

・冷え性の原因には、血液循環の悪化、甲状腺機能の低下、自律神経の乱れなどが挙げられる
・体温が1度下がると、免疫力が約30%も低下する
予防するには、体を内側から温め、血行を良くして代謝を上げる
・「自律神経」を機能させることも重要

 

ココナッツオイルコーヒーが冷え性改善に役立つ根拠

・ココナッツオイルは甲状腺機能を改善する
・コーヒーは「血行促進」を手助けしてくれる
砂糖よりココナッツオイルをコーヒーに入れるのがおすすめ

 

ココナッツオイルコーヒーを飲みすぎると逆効果?

・カフェインを摂り過ぎると、自律神経のバランスが乱れる
・利尿作用で水分の排出が増えると、体温が低下してしまう
・ココナッツオイルを摂り過ぎると胃腸を刺激する

 

ココナッツオイルコーヒーを実際に飲んだ人の体験談

・体の芯から温まってぽかぽかする
・なにより味が美味しい
・ダイエット効果もある

 

実際に飲んでいる人の声を聞くと、試してみたくなりませんか?
味も美味しくて体にも良いココナッツオイルコーヒーを、冷え性の改善にお役立てくださいね!

 


page top