朝のココナッツオイルコーヒーがダイエットに効くのは本当?おすすめの飲むタイミング

朝のココナッツオイルコーヒーがダイエットに効くのは本当?おすすめの飲むタイミング

ココナッツオイルコーヒーを飲むタイミングは朝がいいとよく勧められています。
「1日の始まりにコーヒーを飲む!」と決めている人には朗報ではないでしょうか?
いつものコーヒーをココナッツオイルコーヒーにするだけでダイエット効果があるのは嬉しいですよね。

 

ですが、
「朝に飲むのがいいのはなぜ?」
「本当に飲めばダイエットに効くの?」
と不思議に思ってはいませんか?

 

そこで今回は、ココナッツオイルコーヒーがダイエットに効く理由について解説。
おすすめの飲むタイミングについてもさらに詳しくご紹介しますね。

 


朝のココナッツオイルコーヒーがダイエットにいい理由とは?

朝のココナッツオイルコーヒーがダイエットにいい理由とは?

ココナッツオイルコーヒーには、脂肪燃焼+便秘解消の効果があり、ダイエットに効果的
1日の中でも特に、朝に飲むのがいいと言われています。

朝がいいのはなぜ?

人は朝起きてから約4時間後に代謝が上がります。
午前中に多くのエネルギーが消費され、夜になるにつれてエネルギーの消費量は減少していきます。
体の細胞が働きだすタイミングで飲むことで、代謝のピーク時にココナッツオイルコーヒーの効果が発揮され、脂肪がよりたくさん燃焼されるのです。

 

また、食事などで胃を刺激すると胃腸が動き出しますが、起床後はとくに活発に働きます。
朝にココナッツオイルコーヒーを飲むことで、便を動かす「ぜん動運動」が促進されてスムーズな排便が期待できます。
これらの理由から、朝のココナッツオイルコーヒーがダイエットに効果的なのです!

 

ココナッツオイルコーヒーのダイエット効果

ココナッツオイルには「中鎖脂肪酸」が60~70 %含まれており、これにダイエット効果があります。
中鎖脂肪酸には以下のような特徴があります。
・ケトン体を生成する
・消化吸収のスピードが速い
・体内に脂肪として蓄積されにくい
・胃腸の働きを活発にする

 

ケトン体とは、体内のブドウ糖が不足しているときに、脂肪を分解して肝臓で作られるエネルギー物質のこと。
通常は体内にブドウ糖が残っていると、脂肪ではなくブドウ糖から先に分解されてエネルギーとして利用されます。
中鎖脂肪酸には、ブドウ糖の分解よりもケトン体の生成を優先する効果があるため、脂肪の燃焼が期待できるのです。

 

しかし、ケトン体が増えるからといって、何を食べてもいいわけではありません。
ブドウ糖が体内に大量に残っていると、体はブドウ糖が残っていることに気付いてしまい、糖から先に分解されてしまいます。
そのため、糖質制限をしながらココナッツオイルを摂取するのがダイエットに効果的だと言えます。
とはいえ、糖質を全く摂らないのは体によくないため、やりすぎには注意してください。

 

また、中鎖脂肪酸の消化吸収のスピードは、一般的なオイルに含まれる長鎖脂肪酸よりも4~5倍速いとされています。
素早くエネルギーになり、体脂肪として蓄積されにくく太りにくいオイルです。
さらに、摂取するとすぐに胃腸の動きが活発になり、便秘の解消の効果も期待できます。

 

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸のうち、多くを占めているのがラウリン酸です。
ラウリン酸には抗菌作用があり、免疫力に優れているため、腸内の悪玉菌を減らして善玉菌の働きを活発化してくれます。
この働きにより腸内環境が整い、便秘の解消が期待できるのです。

 

 

ココナッツオイルコーヒーの便秘解消効果について、こちらの記事でも詳しく解説しています。

 


ココナッツオイルコーヒーの飲み方

ココナッツオイルコーヒーの飲み方

ココナッツオイルコーヒーは朝に飲むと効果的だということが分かりましたが、どのように飲むと効果的なのか気になりますよね。
ココナッツオイルコーヒーのおすすめの飲み方をご紹介します。

基本の飲み方

ココナッツオイルコーヒーは、コーヒーにココナッツオイルを入れるだけ。
ココナッツオイルは約20℃で溶けるため、ホットコーヒーに溶かすと飲みやすいです。
また、ブレンダーなどで攪拌させるとクリーミーになり、消化吸収もされやすくなるためおすすめです。

 

下痢になりやすい人は、ココナッツオイルはティースプーン1杯程度から始めましょう。
他にも美味しいレシピがあるので、参考にしてみてくださいね。

 

 

朝に飲むタイミングは食前または食事と一緒に

初心者におすすめの飲み方は、起床後に水分を取って朝食と一緒に飲むこと。
ココナッツオイルコーヒーの消化吸収をあげるためには、食前に飲むのが効果的ですが、胃痛が心配な人は食事と一緒か、食後から始めてみてください。
慣れてきたら、できれば食前に飲むことを心がけましょう。

 

より効率的にするためのポイント

・1日3杯
・運動する前に飲む
・食事の3時間前に飲む

 

最もおすすめなのは朝ですが、1日に3杯飲むとより効果的です
ただし、短時間で大量に飲むと下痢などの副作用の危険があるため、朝昼晩に分けて1日で3杯飲むことを意識してください。
カフェインには眠気を覚ます作用があるため、カフェインに弱い方は遅い時間に飲むのは控えるのが望ましいです。
夜に飲みたいときは、ミルクや豆乳を多めに入れてカフェラテ風にするのもいいですね。

 

運動する前に飲むことで、脂肪燃焼の効果がより高まるのでおすすめです
さらに、空腹を感じにくくなる作用があるため、食事の約3時間前に飲むと食べ過ぎを防ぐことができるでしょう
最も効果的なのは朝ですが、生活に合わせて飲むタイミングを意識して飲み、ダイエットに活用してみてください。

 

 

ココナッツオイルコーヒーを夜に飲みたい方はこちらの記事をご覧ください。


朝食をココナッツオイルコーヒーに置き換えるのってアリ?

朝食をココナッツオイルコーヒーに置き換えるのってアリ?

時間に余裕がない朝に、朝食をココナッツオイルコーヒーで済ますことができたら楽ですよね。
結論から言うと、朝食をココナッツオイルコーヒーに置き換えてもOKです。

 

ココナッツオイルコーヒーは腹持ちがよい飲み物

朝食をココナッツオイルコーヒーに置き換えると、すぐにお腹が空いてしまいそうだと不安に思う方もいるかと思います。
ココナッツオイルは腹持ちが良いため、朝食を置き換えても問題はないでしょう。
どうしても昼食までにお腹が空いてしまったときは、糖質が少なくて食物繊維が豊富なナッツ類が間食におすすめです。
糖質が低いからといって、脂質が多いため食べすぎないように気を付けましょう。

 

置き換えるときの注意点

ココナッツオイルコーヒーを飲み慣れていない人にはおすすめできません。
慣れていない人が空腹時に飲むと、下痢になってしまう可能性があります。

 

また、ココナッツオイルコーヒーには胃腸を刺激する作用があります。
まずは少量から試し、体調に問題なければ朝食に置き換えてみるところから始めてみてくださいね。
ココナッツオイルの摂り過ぎにも注意し、コーヒー1杯に対してココナッツオイルは多くても大さじ1杯までにしましょう。

 

コーヒーに含まれるカフェインにも胃腸の働きを活発にする作用があります。
下痢や腹痛になってしまう人は慣れるまでは豆乳などを入れて、コーヒーの割合を少なくしてみてくださいね。


まとめ

まとめ

朝のココナッツオイルコーヒーがダイエットにいい理由

・午前中にエネルギーが多く消費される
・起床後はとくに胃腸が活発に働く
・ココナッツオイルに含まれる「中鎖脂肪酸」がダイエットに効く
 →ケトン体が生成される、消化吸収のスピードが速い、便秘解消にも効果的
・糖質制限+ココナッツオイルコーヒーがダイエットに効果的

ココナッツオイルコーヒーの飲み方

・食前の方が効果的
・1日に3杯、時間を空けて飲む
・運動前にもおすすめ

朝食を置き換えてもOK

・ココナッツオイルコーヒーは腹持ちがよい飲み物
・少量から試し、体調に問題がなければ朝食に置き換えてみる

 

飲み方に注意し、まずは朝に飲んでみてください。
ココナッツオイルコーヒーのダイエット効果で、理想の体型を目指していきたいですね!

 


 

 

page top