ココナッツオイルコーヒーのダイエット効果とは!乳化させるともっと効く?

ダイエット効果があると注目を浴びているココナッツオイルコーヒー。
コーヒーに砂糖ではなく、ココナッツオイルに変えて入れるだけで簡単に作れます。
手軽に実践できるのでおすすめなんですよ。
さらに、ココナッツオイルコーヒーを乳化させることで、効果UPもしやすいと言われています。

 

ですが、
「本当にダイエットに効くの?」
「乳化させるといいのはなんで?」
と理由が分からないと疑問を感じますよね。

 

そんな疑問を解消してもらうために、今回はココナッツオイルコーヒーのダイエット効果と、乳化させると効果が出やすい理由について解説します!

 


ココナッツオイルコーヒーのダイエット効果

ココナッツオイルコーヒーには脂肪燃焼・便秘解消のダイエット効果が期待されます。
その秘密は、ココナッツオイルとコーヒーに含まれた成分。
詳しく解説していきますね。

 

ココナッツオイルに含まれる「中鎖脂肪酸」に脂肪燃焼の効果がある

ココナッツオイルには「中鎖脂肪酸」が多く含まれています。
この中鎖脂肪酸の働きによって、ダイエットの効果が期待できるのです。

 

中鎖脂肪酸には以下のような特徴があります。

  • ケトン体の生成を促進する
  • 消化吸収のスピードが速い

 

ケトン体」とは、肝臓で脂肪から作られるエネルギー物質のこと。
通常は体内にブドウ糖が残っていると、脂肪ではなくブドウ糖から先に分解されてエネルギーになります。
しかし中鎖脂肪酸には、ブドウ糖の分解よりもケトン体の生成を優先する作用があるため、脂肪の燃焼が促進されるのです。

 

とはいえ、ブドウ糖が体内に大量に残っていると、体はブドウ糖が残っていることに気付いてしまい、糖から先に分解してしまいます。
ケトン体の生成が優先されるからと言って何を食べてもいいわけではなく、糖質を制限しながらココナッツオイルを摂取するとより効果的だと言えるでしょう。

 

また、中鎖脂肪酸は消化吸収のスピードが速く、体脂肪として体に蓄積されにくいオイルです。
一般的なオイルに比べると、消化吸収にかかる時間は1/4~1/5程度だとされています。
摂取するとすぐにケトン体が生成され、エネルギー源になるため、腹持ちがよくて空腹感を抑えることもできるのです。

 

 

ココナッツオイルコーヒーには便秘解消の効果も

ココナッツオイルコーヒーには、便秘を解消する効果もあります。

 

ココナッツオイルを摂取すると胃腸の働きが活発になり、排便がスムーズに。
また、ココナッツオイル中の中鎖脂肪酸のうちの多くをラウリン酸が占めているのですが、これに腸内環境を整えてくれる作用があります。

 

コーヒーには「カフェイン」と「コーヒーオリゴ糖」が含まれており、これらが便秘の解消に関係しています。
カフェインには副交感神経を刺激する作用があり、コーヒーオリゴ糖には腸内環境を整える作用があるのです。
ココナッツオイルとコーヒーの便秘解消の効果については、こちらの記事に詳しくまとめています。


乳化させると効果的な理由は?

ココナッツオイルコーヒーは乳化させてから飲むのが効果的だとされています。
では、なぜ乳化させてから飲む方がよいのでしょうか。

 

ココナッツオイルコーヒーは乳化させると、体内で吸収されやすい形になります。
通常脂肪酸は、小腸で胆汁酸によって乳化されてから吸収されます。
そのため、あらかじめ乳化させておくことによって、吸収性を高める効果があるのです。

 

ココナッツオイルコーヒーを乳化させる方法4つ

乳化させたココナッツオイルコーヒーは、吸収性が高まるだけでなく、味も美味しくなって一石二鳥。
ココナッツオイルコーヒーを乳化させる方法を4つご紹介します。

  1. コーヒーマシーンで作るときに、カップにあらかじめココナッツオイルを入れておく
  2. ミキサーを使う
  3. ブレンダーを使う
  4. ミルクフォーマーを使う

 

コーヒーマシーンがあれば、エスプレッソやカプチーノにココナッツオイルを入れるだけでいいので楽ちんですね。
また、ミキサーは、数人分を一気に作ることはできますが、コーヒーが冷めてしまうのが欠点。
一人分の時は、ブレンダーやミルクフォーマーがいいかもしれません。
これらは大きめの容器を使用した方が、こぼれる心配もないですよ。
ミルクフォーマーは百均でも売っているので、手に入れやすいですね。

 

 

こちらの記事でココナッツオイルコーヒーのおすすめレシピをご紹介しています♪


ダイエット効果をより高めるためのポイント4つ

ここまで、ココナッツオイルコーヒーは乳化させて飲むとより効果的な理由を解説してきました。
さらにダイエット効果を高めるために、押さえるべきポイントは以下の4つ。

  • バージンココナッツオイルを選ぶ
  • おすすめは朝
  • 1日3杯飲む
  • 食後よりも食前に飲むと効果的

ではこれらについて、簡単に解説します。

 

バージンココナッツオイルを選ぶ

ココナッツオイルを購入する際は、バージンココナッツオイルを選びましょう。
バージンココナッツオイルは栄養価が豊富で、味も美味しいです。

 

精製されたココナッツオイルだと、栄養が損なわれていたり、トランス脂肪酸が含まれている可能性があるため、効果をあまり得ることができないかも。

 

おすすめは朝

人は起床後4時間後に代謝がピークになり、午前中に多くのエネルギーを消費します。
身体の細胞が動き出すときに飲むことで、代謝のピーク時にさらに脂肪燃焼の効果が期待できます。
また、起床後は胃腸が活発に動くため、排便もよりスムーズにできるでしょう。

 

1日3杯飲む

ダイエット効果を得たいからと言って、たくさん飲めばいいという訳ではありません。
ココナッツオイルコーヒーを飲みすぎると下痢や腹痛になってしまうかも。

 

効率よくダイエット効果を得るには1日に3杯、間隔を空けて飲むとよいでしょう。
胃腸を刺激してしまう可能性があるため、ココナッツオイルはティースプーン1杯程度から始めてください。

 

食後よりも食前に飲むと効果的

ココナッツオイルコーヒーのケトン体生成の効率を上げるためには、食前に飲むのが効果的です。
腹持ちもよいため、食事の3時間ほど前に飲むと、食べ過ぎを防ぐこともできるでしょう。

 

ですが、腹痛が心配な人は食事と一緒か、食後から始めてみてください。
慣れてきたら、食前に飲んでダイエットの効率を上げましょう!

 


まとめ

ココナッツオイルコーヒーのダイエット効果

・ココナッツオイルに含まれる「中鎖脂肪酸」に脂肪燃焼の効果がある
 →ケトン体の生成を促進、消化吸収が速い
・便秘解消の効果もある

 

乳化させると効果的な理由

・吸収性を高める効果がある
・乳化させると味も美味しい
・乳化させる方法4つ

 

ダイエット効果をより高めるためのポイント

・バージンココナッツオイルを選ぶ
・おすすめは朝
・1日3杯飲む
・食後より食前に飲むのが効果的

 

乳化させると美味しくてダイエット効果も上がるココナッツオイルコーヒー。
ココナッツオイルコーヒーを効率よく飲み、理想の体型を目指したいですね!

 


page top