【KALDI】マンデリン体験談・大人を魅了する 深いコクと苦み

珈琲や輸入食品で人気のKALDI(カルディ)。
駅前やショッピングモールに展開しており、立ち寄りやすい事も魅力の一つ。

 

種類豊富な商品の中から、カルディの「マンデリン」の体験談をお聞きしました。
マンデリンの大人な魅力について、ぜひご覧ください。

 

<KALDI(カルディ)マンデリン愛飲者の方の特徴>

  • 40歳男性
  • 会社員
  • 酸味系よりコクと苦みのある珈琲がお好み
  • お茶代わりにガブガブ飲むほどの珈琲好き

私のお気に入り【KALDI(カルディ)】マンデリン

 

私のお気に入りのコーヒー豆はインドネシア産マンデリンです。
キリマンジャロやモカなどの酸味系よりも、コクと苦みがあるコーヒーが好きでブラジル、コロンビアの深煎りなどを飲んでいるうちに最終的にマンデリンにたどりつきました。

 

酸味がなくコクがあるので大人な感じの落ち着きがある味わいでブラックで飲んでも変な後味が残りません。
職場でもペーパードリップして結構がぶがぶ飲んでいます。
甘いお菓子と一緒に食べてもお互い味が変わらないのでおすすめです。

 

とにかく気軽にマグカップでがぶがぶ飲みたいのでお手頃価格のカルディで買っています
たまに切らしたときなどは近所のドトールで買うときもあります。

 

通常焙煎でもコクが感じられる豆ですが、カルディではマンデリンフレンチという、さらに深煎りしたものもありこちらもさらに大人の味わいで時々気分転換に買っています。

仕事中の気分転換から始まり、毎日の習慣に

 

私がコーヒーを飲み始めたきっかけは仕事中の気分転換です。

 

最初は缶コーヒーを買ったり、スターバックスやタリーズでテイクアウトしていたのですがお金もかかるし、ブラックで飲むと今ひとつです。
毎回ミルクや砂糖入りのものをお茶感覚で飲んでいると健康にも悪そうです。

 

そこで最初は1杯用のドリップバッグで職場で入れて飲んでいました。
ですが、量が少ないと感じるようになり、スタイルを変更。
現在は、豆で買ってペーパードリップで淹れ、まとめて1日分ポットに作ってしまい、マグカップで残量を気にせずがぶがぶ飲むスタイルに落ち着きました。

 

私の場合は普段からたくさん飲んでカフェインに耐性ができていることもあるのか、特にコーヒーで眠気覚ましになると感じたことはありません。
ただ、コーヒーを飲むと香りが鼻に抜けてほっとリラックスできて一息つけるので今では欠かせない習慣です

 

今では朝晩自宅でも飲むようになり、日常的に一番よく飲むドリンクがホットコーヒーです。

 

マンデリンの魅力は深いコクと苦み・品質にも安定感有り

 

マンデリンの魅力は深いコクと苦みです。

 

フルーツ系の酸味がほとんど無いため、甘い物と一緒に飲むとコーヒーが酸っぱく感じるとか、お菓子が甘ったるく感じて本来の味を感じられないということがありません
もちろん好みではありますが私としては、一番ブラックのままお茶感覚で飲めて後味も残らないシンプルなコーヒーだと思っています。

 

豆自体にコクがあるので実は深く焙煎しなくても持ち味が出るのも魅力です。
ブラジルやコロンビアのスタンダードな豆でコクを出そうとするとどうしても深煎りになってしまいます。
他のところでそういうコーヒーを飲むと、どうも炭っぽいなと感じてしまうこともあります。
でもマンデリンはそういうこともありません

 

品質のクラスによるばらつきが少ないのもマンデリンの魅力だと思います。
私が普段飲んでいるのはカルディの豆なので200グラム700円以下で究極にリーズナブルな部類ですが、特に品質が劣ると感じたことはありません。

 

もちろんちょっと高級な喫茶店のマンデリンのストレートコーヒーを飲めばワンランク上の高級感を味わえますが、だからといってそれ以降いつも飲んでいるリーズナブルな豆が不味く感じることはありません。

 

もともと他の産地と比べてもインドネシア産マンデリンはリーズナブルな部類ですし、これからも私が買って飲むコーヒーの中ではマンデリンを基本にしようと思っています。
気分を変えたいとき、たまたまマンデリンがないときはもちろん他の豆も時々は試して味の違いを楽しみます。

マンデリンのペーパードリップは初心者でも失敗が少ない

 

これから本格的にコーヒーを始めようと思っている方にこそ、やはりマンデリンがおすすめです。
もともとリーズナブルで、価格による品質のばらつきがあまりありません
シンプルな豆なので淹れ方による失敗も少ないです。

 

私はいつもペーパードリップで淹れています。
プラスチック製のコーヒーフィルターと使い捨てのペーパーがあればできます。
初に数滴のお湯で20秒くらい蒸らすことだけ忘れなければ簡単に深いコクを味わえます

 

電子レンジで再加熱できるポットを買っておけばまとめて淹れて、好きなだけマグカップでがぶがぶ飲むスタイルが実践できます。
再加熱する時は煮詰まって濃くなってしまうことがあるので、時間がたったコーヒーを再加熱するときはちょっと水を足して薄めてから電子レンジに入れています。

 

ちなみにあくまで個人的な印象ですが、モカなどの酸味系、ブラジルなどのバランス系は淹れ方によって酸味が出すぎたり逆に味が薄くなったりいろいろ気を遣う気がします。
その点で気を遣わずに適当に淹れても本来のおいしさを味わえるマンデリンが私のお気に入りになっています。
あと豆の保管は冷凍庫に入れると風味が落ちないことも憶えておくといいでしょう。

 

【KALDI】マンデリン体験談・まとめ

 

【KALDI】マンデリン体験談・についてまとめます。

 

  • マンデリンは酸味がなく、深いコクと苦みが魅力のコーヒー
  • カルディのマンデリンはお手頃価格
  • 価格帯による品質のばらつきが少ない
  • マンデリンのペーパードリップは初心者の方にもおすすめ

page top